フィギュア

商品のフィギュアを手に取り立ち去る男 防犯カメラが捉えた万引きの一部始終 フィギュア店の被害額は4回で約17万円

愛知県長久手市のフィギュア店で、ことし3月から4月にかけて合わせて10点の商品が盗まれる事件がありました。

その犯行の一部始終を防犯カメラが捉えていました。4月28日、長久手市にあるフィギュア店の防犯カメラが捉えていたのは、店にやってきた1人の男の姿。

男は棚に近づいて大きな箱のフィギュアをいくつも手に取ると…、会計をすることなく、店を出て行きました。実は、この店は3月から同様の被害に遭っていて、この5日前にも店に入ってきた男は商品を手に取り、辺りを気にするそぶりを見せます。

そして、店内の客がいなくなった瞬間に商品を再び手に取り、すぐさま店を後にしました。

顔や持ち物などから、店は同一人物による犯行とみています。(報告:矢野司 記者)
「こちらのフィギュア店では、3月の最初の被害の後、『防犯カメラ作動中、万引きは犯罪、警察に通報します』などと記した注意書きを店内に掲示しましたが、被害はその後も続いたということです」この店では3月以降4回に渡り、10点ものフィギュアが盗まれていて、被害額は約17万円に上るということです。男は最初の2回は同じマンガのキャラクターのフィギュアを盗んでいましたが、その後は、さらに高額な商品を盗んでいました。店は警察に被害届を提出していて、CBCの取材に対し「普通に買いに来てくださる客に申し訳ない。早く犯人が捕まってほしい」と話していました。

詳細は NEWS DIG でも!↓
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/cbc/1148492

-フィギュア